ストレスケアの手順

ストレスケアの手順動画

7割以上の人に効果があると言われるタッピングの手順がアルゴリズムです。
ここでは、日頃のストレスや災害時における不安やストレスにも用いることができるアルゴリズムをご紹介します。

※動揺が強い場合には、無理をしないでリラクゼーションとしてお使いください。
または、TFT、医療、メンタルヘルスなどの専門家にご相談ください。

 

<1> 問題をひとつ思い浮かべます。

<2>まずPRを15回タッピングまたは圧通領域(基本は左側のみ、両側でも可)を15回ほどさすります。

<3>眉頭➡︎目の下➡︎わきの下➡︎鎖骨下の順に2本指で5回ずつタッピングします。

<4> 9g(ナイン・ジー):
 ガミュート(手の甲の治療ポイント)をずっとタッピングしながら、各5回くらいタップする間に
 1.目を開けます
 2.目を閉じます
 3.目を開けて、顔はまっすぐのまま、視線を右下に
 4.視線を左下に
 5.目を回転させて
 6.目を反対回りに回転させます
 7.ハミング(例えば、咲いた咲いた♪のメロディーを鼻歌)
 8.1から5まで数えます
 9.再びハミング(例えば、咲いた咲いた♪のメロディーを鼻歌)
 ※目の不自由な方は、目を開けたり、視線を下に向けていると想像しながらでも行えます。

<5> 眉頭➡︎目の下➡︎わきの下➡︎鎖骨下の順に2本指で5回ずつタップします。

<6> アイ・ロール
 効果を落ち着かせるため、ガミュート(手の甲の治療ポイント)をタップしながら、顔はまっすぐ前のまま、10秒くらいかけて視線だけを床から天井まで動かします。

※以上の手順を3回ほど繰り返しても改善があまり見られない、
または症状が改善された後に再発した場合には、 TFTセラピストにご相談ください。

※アルゴリズムがうまくいかない場合には、TFT診断または上級セラピストにご相談ください。
※また、このアルゴリズムで症状に改善がなくても、それが症状の程度と関係しているわけではありません。

災害支援用チラシ「つぼトントンで元気になってね」

ポイントイメージ

眉頭 眉間の近く、眉の始めの部分。
目の下 瞳のまっすぐ下の、ほお骨のすぐ上。
わきの下 わきの下からまっすぐ降りて、乳首と同じ高さ。
鎖骨下 鎖骨の間から約2.5cm下に約2.5cm横(右または左)にいったあたり。
圧痛領域 胸の左上のほうの筋肉の盛り上がり。
人差し指 人差し指の爪の横、親指側。
小指 小指の爪の横、内側。
ガミュート 手の甲の小指と薬指の溝を1~2cmほど手首のほうにいったところ。
PR 空手チョップに使う手のひらの横部分、小指の付け根から手首までの中間ポイント。

 

子どものためのタッピング

言葉を必要としないため、子どもには特に活用しやすいものです。
自分で覚えて行えるようになることで、
自己コントロールやレジリエンス(回復力)を養うことができます。

 

さこつ呼吸法の手順

さこつ呼吸法は、タッピングがよく効かない時、もっと効果を上げたい時、
短時間でも良い眠りを得たい時(寝る前に行います)、体が冷える時、
その他体調がすぐれない時に行います。

 

トップに戻る

 

  • キャラハン博士より
  • TFTが役立つ場面
  • ストレスケアの手順
  • セミナー日程
  • TFT図書室
  • 日本TFT協会ブログ
  • TFTセラピスト
  • TFT Facebook
  • TFT研修・プログラム
  • TFTカンファレンス
  • メルマガ登録
  • お問い合わせはこちら
  • リンク